スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
にゃんこがやってきた
これまでのお話→にゃんこが来た経緯

さて。
引き取ったものの。。。





旦那さんにどう言おう





腹をくくり、写真付きで旦那さんに
メールを送りました。


「にゃんこを拾ってしまいました。
 ごめんなさい。」

といった内容だったと思いますの。


旦那さんは怒ることもなく
むしろ、、、


二人の小ささとかわいさにメロメロ(笑)



そういう、優しさ
大人な対応

彼と結婚して本当によかった
そう思わせる瞬間です。

ヒトと愛猫の生活情報誌「ねこのきもち」
そして、保護したにゃんこ達は。。。


どうやら、母猫にネグレクトされた様子。
激似の猫がウロウロしているのを
見ていたので

「ああ、母猫いるやん」

と思ったのですが、猫は
欠陥のある子は捨てるのでしょうか?



とにかく



まだ乳飲み子だし
歩くこともできないほど小さいし
かなり衰弱しているし
結膜炎がひどくて目が開いていないし
雨に降られてひどい風邪を引いてるし

なんか、、、死んじゃいそう。。。


な状態でした。


しかも、その日は
先代のにゃんこやワンコが
お世話になった獣医さんは
お休みの日で。。。


結局お休みも挟み3日後に
獣医さんに連れて行きました。


インターフェロンを注射してもらい
ノミとりの薬を投与してもらい
目薬をもらい
風邪薬ももらい
ミルクももらい(笑)


2匹で一回1万円ちょっと。


それを2週間ほどほぼ毎日。


獣医さんまで遠い道のりをてくてく。


その甲斐あり、二人はものすごい早さで
回復していきました。

ただ、猫アレルギー性の風邪の
症状が重かったため

男の子の鼻炎は一生治らない。
女の子の喘息の発作は一生治らない。

と言われました。



その間にかかった費用。。。



プライスレス



言うてる場合か。


なんとか貯めていた貯金は
引っ越す家のリフォーム代と
獣医さんにかかる費用で
ほぼすっからかんになってしまいました(笑)


そうして、にゃんこ2匹はすくすくと
元気に大きく育ちました。

つづく、、、
スポンサーサイト
【2014/01/22 14:04】 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<今とってもはまっておる。 | ホーム | にゃんこが来た経緯>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://benikobeniko.blog54.fc2.com/tb.php/139-5b97f1c4
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。