スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
困ったさん
紅子が太ったという理由はいろいろあると
「必殺ダイエット人」でもチラッとお話しましたが

紅子を一番イラっとさせている事柄。それは・・・

注:今日は吠えます。そして長いです。
  不愉快に感じる方はどこか違う(リンクしております)
  ステキなブログに飛んでってください。m(_ _)m
  

ご近所問題。

別に紅子は際立って神経質というわけでもないのですよ。

先日、再び英語の先生達と「木の庄参り」をした際に

「地域性」

という一見差別とも受け取られかねない事柄を
無視せずにはいられなくなりました。

紅子たちが、苦楽園の周辺のオシャレなカフェで
お昼ごはんを食べていた時のこと。

隣の席に小さな女の子を連れた家族が微笑ましく
お食事をしておられたのです。

紅子たちは彼女を見てとても微笑んでいたのです。

そのうち紅子たちが会話に夢中になっていた最中でした。

その家族が食事を終えてお支払いを済ませた後
お店を出るのかと思いきや

「子供がうるさくしまして申し訳ありませんでした」

と一言紅子たちに詫びにきてくださったのです。

何もうるさくなかった上に、むしろ彼らはとてもお上品で
"紅子たちの方がうるさくしていたのでは?"
と思うくらいに会話に身を投じていました。

だから、その言葉は本当に心地よく

"なんて良識のある方なんだろう"

と感激してしまいました。

他のお客さんたちも、非常識な振る舞いをする人は一人としていなく
お上品にお食事をされていました。
その地域にいる間、不愉快な思いは一度もしなかったのです。

たまたまかもしれませんが、近頃は一歩外に出ると
非常識な人にぶつかる。

だからこそ、本当にその地域に住みたいと強く感じたのです。

それに比べ・・・

紅子は、今のお家を探す時、本当に妥協を許さず
・10件以上も回り
・今の家も2回昼と夜に見に来て雰囲気を確認し
・静かないい場所だということを確認した上で
契約したのです。

ところが上の階もお隣もまだ引っ越して来ていなかった
ということが後になって発覚。

引っ越して来て早速は?と思う事件が。。。

今日も応援の一票よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 主婦日記ブログへ




状況としては以下の通りなのです。

・紅家は1階。4世帯が暮らすハイツ。そして前は駐車場。
 軽量鉄骨なので、ちょっとした音も家中に響く。
(駐車場では子供を遊ばすなどの行為は禁じられている)

・目の前の駐車スペースは未契約だった。(今はお隣さんが契約中
無断駐車だったことが後に判明。おいおい。どこまで非常識?↑

お二階さんには小さな男の子がいます。
その子は一日中家中を走り回っています。
(今も。だけどようやく幼稚園児になったらしく
 朝ドンドンいった後は昼まで静か。その後は・・・)

※子供が走り回るということぐらい紅子は心得ているつもりです。
 甥が2人いますし、震災後、紅の実家で数ヶ月間非難しに来て
 いたこともありますから。突っ込みたくなるほど走りますよね。

しかし、紅甥達と明らかに違う非常識な面々。

夜中の1時2時、トキには3時位まで走り回っていたのです。
(今は23時位までになりましたが)

大体そんな時間帯まで子供を起こしている親が信じられないし
悪びれることも無く毎日続くし。

挨拶した時に「いつもドンドン言わせてごめんね」

とは言って来たものの限度がある。

そしてある日のこと。問題はお二階さんだけでは無いということが。

お隣の家に面した部屋(勉強部屋にしているのに)が
お隣さんの聞いている音楽の重低音(朝方まで続く)で
使えない状態に。

お隣さんは家族全員がタバコを吸うようで
窓を開けていると紅家中がタバコの臭いで充満する。

洗濯物も臭いが。。。それだけではありませんでした。

向かいの棟の住人が1歳くらいの子供を連れて
その駐車スペースで遊ばせているのです。
(公園は目と鼻の先にあるのです。しかも結構大きくて綺麗。)

もちろん子供なので「あーあー」言うてるし。
あわせて母親も子供を大きな声であやしているし。

紅家のベランダとそのスペースは1mも空いていないのですよ。

洗濯物を干そうとベランダに出てみると、平然とした顔で

「こんにちは」

と言われました。←挨拶してる場合か?と思った紅子。

"どう対処したらいいのか・・・。" "紅子が堅すぎるのか?"

ちょっと困惑して様子を見ることにしましたが

日に日にエスカレートしてきて、小さい子持ちの母親軍団が
紅家のベランダの前(空駐車スペース)で群がっているでは
ありませんか。もたれかかる人もいたんですよ(怒)

目線がちょうどベランダの手すりを越すので
毎日覗かれているような気持ち悪さ。&騒音。

子供たちは紅家のベランダに"ドンッッッドンッ"と体当たりしてくるし
紅家のベランダの下を砂場代わりに遊んでいるし。

母親達は大笑いしながら大きな声で雑談し続けて
子供たちをとがめることはけしてしませんでした。
むしろ一緒に遊んでいるのですよ。

もちろん、軽量鉄骨なので、「太鼓現象」というものが起き
テレビの音も音量を上げないと聞こえません。

なにが紅子をキレさせているか。

規定には『駐車場で遊ばせてはいけない』とはっきり明記されている。

からですよ。自転車でギャーギャーと。ベランダにぶつかってくるし。

うるさいっ!!!

極め付けが、お二階さんは子供をベランダで走り回らせる。
コンクリート製のベランダではないので、少し歩いただけでも
音が響き渡るのです。

紅子は結構気を使って夜はベランダに出ないようにしているのに

ヤツラは夜中でも走り回らせるのです。(怒)(たった今も暴走中)


ある日なんかは

布団を干している紅家の目の前でシャボン玉を飛ばし始めました。

ブチ切れた紅子はそそくさと布団をしまい込みました。

そのただならぬ雰囲気に気づいたバカ主婦の一人が

なんかすみません。」

と言ってきたのです。

"なんかって何よっ。"

紅子はきちんと言い分を言ってしまう人間なので

「考えたらわかることだと思います。」

と言いました。

聞いていなかったようで、「えっ?え?」と聞いて来たのです。

う~ん。。。(怒)「ダウンタウンDX」でよく浜ちゃんが

「死ねばいいのに」

と言っていますが、あれは子供の教育上、人間としても
とてもよろしくない発言だと紅子は考えているのです。
ただ、言葉を慎んだとしても

彼女達に対して言ってやりたいと思うほど怒りは頂点に達しています。

もちろん、黙っている紅子ではありませんよ。

管理会社に幾度と無く苦情を申し立てました。
管理会社はどちらも「お客」なので消極的です。

そのたびに"ピタっ"と止むのですが、それもつかの間。

2週間も経たない内にまたあの騒音が始まるのです。
とにかく何かにつけて騒音を巻き起こす連中。

訴訟を起こすにしても、けして安くは無い資金が必要ですし。
騒音を証明する調査にも、調べたところ最低8万円は必要だと。
(ただ訴えたら十分に勝てる内容だと思うのですが)

「こどもの日」が近づくとお二階さんは
明らかに立派な一戸建てのお家の人が飾るような鯉のぼり

『ぶぁっさぁ~っっっ』

と紅家のベランダを覆いつくさんばかりに掲げるのです。

最初、泥棒が入ってきたのかと、心臓が縮こまりましたよ(笑)

本当に、どんなしつけをされて育ってきたのか。

「親の顔が見たい」

これはこういうときに使う言葉なのですね。(笑)

せっかく気に入って契約したお家。

今では紅子なんか"ちょっとイタイ人"と恐れられている。(笑)

でも、非常識なのは「どっちやねん。」という話。

紅子を恐れてベランダの前にあまり来なくなったものの・・・
今だにさまざまな騒音は続きます。

「こんな非常識な人間達のために引っ越すのもシャクだ。」

とも考えましたが

「もう、こんなショウモナイことで悩んだり
 体調を崩したりするのもアホらしい。」
↑生理が止まってしまいました。因果関係をはっきりさせたら
 訴えることもできると思いますが、現実は難しい・・・。
 子供が本当に欲しいけれど、ここにいる限りは無理だと思います。

と考え直し、引越し計画を立てて、何軒も見て回りました。

結局、いろいろなことの成り行きで紅子の実家に住むことになり

来年にはこの家ともおさらばできるのです。

あと1年。それまで体もつやろか?(汗)

子供を持つ親の方々は本当に大変だと思います。
でも、もう少し、周囲を見てみてください。

同じ子供を持つ親でも、良識のある人がいるのも事実なのですよ。

紅子も子供を産みたいと考えています。
(精神的に強くなったので生理の来る周期も戻りつつありますし)

"人の振り見て我振り直せ。"

本当にいい勉強になりました。

はっきり言って、彼女達の育った環境は知りませんが
程度の低い人間だと考えます。

紅子が子供を産んで育てるときは、
絶対に良識のある育て方を。

そして人間として当たり前のことを子供に伝えたいと強く思っています。

長い長い文章を最後まで読んでくださった方
感謝感激あめアラレです

スポンサーサイト
【2006/05/08 17:25】 家庭 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<紅子的雑貨(カバン・靴その他大いに含)のススメ | ホーム | 今更、明石観光>>
comments
--同感!!--
初めまして。リンクをうろうろして流れ着いた者です。

この記事ほんとに同感です!
柚子は築40年の団地に夫と暮らしていた時はつらかったです。
上の階の子どもが毎日1時まで走り回り時には棒で天井をついたりもしましたが効果なし。(ごみが降るだけ)
棟と棟の間に遊具があったので外ではボール遊びだのなんだので奇声をあげまわり土日はうちにいられない生活でした。
挙句、鳩害に無知で餌をやるうちとか。対策をお願いしても無視されたり。
つらい生活が続き2年で引き払いました。
私もそのうち子どもを持ちたいと思いますが絶対に良識のある母になりたいと思います。
自分の子だけが可愛い親には絶対になりません!!
【2006/05/12 12:44】 URL | 柚子 #TBb5cWT2[ 編集] |
--ありがとうございます!--
柚子さんはじめまして!
この気持ちを理解していただける方が現れて、本当にうれしいです。(涙)
今の世の中、「正直者がバカを見る」時代ではないかと感じてなりません。
"やった者勝ち" 
間違った考えでも"強く出た者勝ち"
会社であろうと、地域の中であろうと、政界ですら、そんな暗黙の了解が浸透しているようでなりません。

本当に、そんな中でも負けずに、良識者でありたいものですね。
【2006/05/12 21:34】 URL | 紅子 #-[ 編集] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://benikobeniko.blog54.fc2.com/tb.php/42-6a66cfb0
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。