スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
南の果ての島。
ここ2日程、顎関節症の紅子です。

15歳頃~22歳まで7年間程歯列矯正していた紅子。

長年歯と顎の骨に圧力をかけていたので
すぐに顎関節症になってしまうのです。(涙)

今回の症状の前にわざわざ通っていた病院まで行って
痛みを訴えた時(5年ほど前)←口が開けれなくなった(笑)
友達と旅行中の写真にマイブームだったこともあり

全て"アイ~ン"で写っていたことが原因でした。(笑)

担当医の先生に怒られると思って
本当の理由は伝えていませんでしたが

長年の付き合いだけに、担当医の先生には
(紅子は豪快に笑う癖があるので)
すぐに「あんまり豪快に笑ったらダメ。」と
突っ込まれてしまいました。何かしら察していたのだろう・・・。

今回は・・・。きっと何かが原因なのでしょう。

そんなこんなで、沖縄旅行も近づいてきたし
コメントにいろいろと日焼け対策をアドバイスしていただいたし

ちょっと思い出話をしたいなぁ。と。

念願の波照間島に新婚旅行で行った時のことです。
前にもチラッと書いたのですが。。。2泊3日でした。
参照→「旅行計画&回想」

行く前にインターネットでありとあらゆる事を調べ上げて
行ったつもりでしたが、お宿に着いて、びっくりとツッコミの連続(笑)

紅子達が泊まったのは知る人ぞ知る、かの有名な

「たましろ荘」

驚きとツッコミたくなる衝動に駆られた理由。

通されたお部屋は仏間


応援ありがとうございます。その一票、励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ



投票ありがとうございますm(_ _)m



沖縄に飛んでいってみるとか。



九州・沖縄

沖縄の方言マスターしてみるとか。




沖縄に浸ってみるとか。

いいんじゃない?


きっと、たましろのおじさんのご先祖さまなのでしょうね。
仏壇があって、壁に写真も飾られていて←仏壇は閉じられていたし。

「こんなお部屋を客室にしていいのか!(驚)」

爆笑したのが、「クーラー1時間100円。」と書かれた張り紙。

「金とるんかいっ!」

扇風機が3台と香取マットが3機。扇風機とうちわで乗り切りました。

仏間ということもあり、気が引けて(ヘコんだのが一番)
写真を撮ろうという気にならなかったので、ほとんど
たましろ荘内を写真に撮る事をしなかったのです。←今思えば残念。

次の日に移った部屋も窓の柱にアリの巣。て・・・。
たたみにアリやその他いろいろな種類の虫が這っている。
天井は今にも抜け落ちそうだし。(汗)
ビーチボードを膨らまして敷布団代わりにして寝ました。(笑)

お風呂に入るのが怖かったので(二人とも蜘蛛が大嫌い)
ニシハマの備え付けのシャワーで洗ったきりだったせいか
旦那さんも紅子も野良犬のような臭いがしました。(笑)

いろんな人がたましろ荘日記なるものを公表されているので
調べられると、たましろ荘の中を写真で見ることができます。

こんなにぼろんちょんに言いましたが←ゴメンナサイ
なぜ、「たましろ荘」は魅力的なのか。今考えると全てですが
なかでも大きく占めているのが

人との出会いです。

毎夜毎夜酒盛りをしながら(お酒はもちろん泡波
その日来た人、明日帰る人、何ヶ月も滞在する人
常連さん同士の再会など、悲喜交々の出会いを
みんなで分かち合うのです。

宴会時間が過ぎると、星をニシハマまで見に行ったり
浜辺で他の宿の宿泊客と合流して三線を持参した
お客さんの演奏で大宴会になってたし。

帰る日は残る宿泊客が港まで見送ってくれます。

本当に泣きそうになるくらい別れるのが寂しくなるのです。

会社を辞めてまで来ていた赤シャツ兄ちゃんの
気持ちがわからないでもない。
↑参照「旅行計画&回想」

常連さんたちにいろいろとこの島のことを教わり
本当に感慨深い経験ができました。

不思議と帰ってきてから、無性に行きたくなる。
たましろのあの非常識な量のご飯が食べたくなる。(笑)

お昼ごはんが出ないので、朝ごはんの時に
自分でおにぎりを作って持って行くのですが

おじさんの忠告を聞いておらず、見事にニシハマで

カラスに全部食べられてしまいました

ちゃんとカバンの中にしまい込んでいたのに
どうやって見つけたのか。。。
(デジカメが無事でよかった!)

紅子は海で浮き輪なしに泳げないのですが
旦那さんはお父さんが奄美大島出身なので
海で泳ぐことは朝飯前です。

旦那さんが横にいたのと遠浅だったこともあり
調子に乗って沖のほうへ沖のほうへと行くと

突然海の色がものすごく美しいコバルトブルーになったのです。

水中メガネで覗くと、さんご礁がなくなり
いきなり3M位深くなっているのです。

「このまま行ったら戻れなくなるわ。どうする?」

旦那さんに脅されて"ぞぉ~"っとした紅子は

ジタバタじたばた足をバタつかせて

「戻る~っ(涙)

やっとの思いで戻って

透き通った色のニシハマをボーっと眺めていると
普段の生活がバカらしくなるのです。

贅沢の限りを尽くしている現代人。

ここで原点に返ろう。
一回一回の食事に感謝しよう。
人との出会いを心から喜ぼう。
小さなことにくよくよしないでおこう。

あの海を眺めていると自然に浮かんできます。

あ~~。行きたいな~。またみんなと再会したいなぁ~。



非常識な量の晩御飯絶壁の海
幻の酒「泡波」果てしなく続く道旦那さんが撮ったニシハマ
最南端の碑これで20時45分頃
お見送りしてくれた皆海から見た波照間島
スポンサーサイト
【2006/05/15 10:31】 旅行 | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<ジンクスを信じますか? | ホーム | 我が家にサンダルちゃんが来た日>>
comments
--^^;--
すごい宿ですね~^^;
離島は宮古と下地くらいしか行った事がないので、、、

自分は本土出身、島ナイチャーなのですが、本土にいたときもクーラーでお金取る旅館はたくさん見てきましたよ~(笑)

波照間は行ってみたいなぁ~
【2006/05/16 19:56】 URL | ぐんちゃん #-[ 編集] |
--おすすめです--
ヤギがあちらこちらに放置されています。
常連さんに「そのうち食べられるんだよ」
と聞き、泣きそうになりました(笑)
その後見るたびに「そのうち食べられるヤギちゃんだ」と呼びかけることになるのですが。
【2006/05/17 11:15】 URL | 紅子 #-[ 編集] |
--放置なんだ(笑)--
波照間には星を見に行きたいと思っています^^
「そのうち食べられるヤギちゃん」…
まだ食べたこと無いので、食べに行きたいと思います。
おいしいのかなぁ~
【2006/05/17 23:31】 URL | ぐんちゃん #-[ 編集] |
--ヤギちゃんを食べないでぇ~(涙)--
衛星が回っているのが見えてとっても不思議でした。
天体観測所もステキでしたよ。職員の方がいろいろと説明してくださって。
たましろのおじさんが車で連れてってくれました。
(お金取られたのですが:汗たくさん乗せるとその分安くなる仕組みになっていました)

宮古島いいですねぇ~。
池間島まで行く池間大橋を渡ってみたいのです。

ぐんちゃんさんは島ナイチャーさんなんですね。
うらやましい。紅子も移住したいです。
でも、今のところは生まれ育った神戸が
一番なので、権利収入でも入るようになってから移住は考えると思います(笑)

【2006/05/18 00:30】 URL | 紅子 #-[ 編集] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://benikobeniko.blog54.fc2.com/tb.php/48-532da67d
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。